2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09


TOP > CATEGORY - 戯れ言
♪お知らせ♪ 

新規オーダーは現在おやすみしております。 
私事により制作が大幅に遅れてます。ブログ記事に詳細がありますのでご理解いただければと思います。

オーダーされている方へは、製作時期が近づきましたらメール差し上げております。その際、事情によりキャンセルされる場合でも必ず返信はお願いいたします。 
 
こちらが長くお待たせしておりますので、気兼ねせずにご連絡ください。お返事がない方が逆に困りますので
   
住所変更やメアドの変更がありましたら、ご一報くださいませ。

 お疲れさま 
ソチオリンピックも本日で終わり。
最後に真央ちゃんが頑張りましたね!
ショートの時の演技を見た時には正直「終わった」と思いました。失敗が大きく響くショートでの、あの点数の低さ。本人の茫然とした顔。。。
朝起きて、ネットで結果を確認したワタシもびっくりでした。
16位。。。上位が総崩れで、真央ちゃんが最高得点出せばなんとかメダルに手が届く?
そんなせこいことを頭をよぎりましたが、これって。。。意味ないよね?
金メダルを取るだけならば、それだけに集中したプログラムって作れると思う。彼女の実力からすれば。
リサーチして審判にアピールできる選曲に衣装、構成だって練れる。
トリプルアクセルだって封印しても、今なら十分勝てるのに、あえて自分のやりたいことをしてるのに。
メダルはあくまでも到達点であり、大切なのは自分が納得しての演技だものね。
上位総崩れで手に入れたものって、真央ちゃんが欲しかったものじゃないんだよね。

真央ちゃんのすごいところって、ほとんど欠場がなかったところ。唯一はお母さんのときだけ。
どんなに調子が悪くても、その時の演技を見せてくれた。本人からすれば辛くて悔しくて、普通の感性の人だったら、格好つけて見せたくないような状態でも、前を向いて。
トップ選手の何人かが、不調の時には欠場してたのに、その精神力はすごかった。

そこまで頑張った結果が6位というならば、拍手ものではないでしょうか?
記録ではなく記憶に残る演技。真央ちゃんが求めてたのもそれだと思いたい。

でも、悔いは多少なりとも残るから4年後?期待してしまうけども、彼女にも普通の幸せを味わってもらいたいという気持ちもあります。
ストイックに我慢しての選手生活。たぶん不器用な子だから競技だけに集中しなければ、難しかったのかな。

過去映像ではじけるような笑顔だったのが、いつの間にか笑わない子になってたし。天真爛漫だった笑顔に影が見えるようになったのはいつから?

だから今は笑って過ごしてほしい。
4年後のことは今は考えずに、今は笑っていてほしい。


カテゴリ-【戯れ言 top↑


+ Comment List +

 熱く語るぜ!オリンピック♪ 
フィギュア鑑賞がじつは冬のお楽しみです。
渡部絵美さんの頃から見てるからかなりの年季が入ってますが、正直ジャンプの区別はつきません(笑)
そこまで技を熱心に見てるわけじゃないんですけどね。
ただ、昔は6点満点での採点だったわけですよ。でもって、ジャッジが6人いて、たぶん最高点と最低点をカットしての平均だったはず。。。今の採点方式と違うんですよね。しかもショートプログラムじゃなくて最初はコンパルソリという基本の図形を滑るつまんないのがあった(ほとんど中継されてないはず)
これを苦手とする選手が多くてね~~伊藤みどりさんなんか、これでこけて順位が低い時がよくあったし。
今みたいに200点越え~なんてあの頃には想像もつかない話。
なんというか、今よりも審判の印象で順位が出てた感じが強いかも?見た目重視っていうやつ?
だから、いまのきっちり点数がでるのって長く見てる方からすれば、はっきりしてていいんだよね。意見はいろいろあると思うけども、技をきちんと評価されるっていうのは大きいと思う。
今時の選手はスタイルもいいしね~~顔がちっちゃい!足が長い!細い!
外人選手と外見的には変わらないレベルに来てるのもすごい。これも予想外!さすが人類の進化!

そんな中での羽生くんの金メダル。
ショートは文句なしに素晴らしかった。今まで見た彼の演技のなかでダントツ。国際大会で100点越えたのはすごいよ!国内は点数出やすいのはみんな知ってるし?参考記録だしね。
フリーはやはり緊張ししてたんでしょうね~~魔物が住んでるってわかるよ。世界選手権は毎年あるけど、オリンピックは4年に一度しかないし、それに出ることもすごく難しい。
あの時トップにいた選手が、今回は出られないとか下位になるとかもあるし。同じようで同じじゃない雰囲気なんでしょうね。
パトリック・チャンですら、がちがちになってミスをする。上がコケたおかげで上位に上がる可能性もあるという、一種の博打のような雰囲気だね。
羽生くんも本人が言うように、満足のいく演技ではなかった。これは周りも思うけど、次を期待できる。
4年後23才になった彼がどんな演技を見せるのか。
それが今から楽しみ。五輪の借りは五輪でしか返せない。たしかにそうだね。同じ土俵でないと意味がないもん。

羽生君の4年後はどうなってる?第一線で活躍してる?
それは誰にもわからないけども。


カテゴリ-【戯れ言 top↑


+ Comment List +

 夏に思う 
そろそろ梅雨が明けるのかもしれない。
去年の梅雨明けは真っ青な夏空を見て気が付いた。
今年はまだそんな青空は見てないからまだ先だろうか。

子供の頃は夏が好きだった。
今は嫌い。
暑いから、汗かくから、だるいから。。。理由はたくさんあるけれど
ホントの理由は「何もないから」

夏休みをわくわくと待つ気持ちも、海やプールに出かけることもない。
たくさんの課題に追われることも、おばあちゃんたちの待つ田舎に行くこともない。

子供の頃にたくさんあったことが、大人になるとなくなってくる。

それでも時々懐かしく思うのだ。

夏を待ちわびていた「あの頃」の気持ちを。
夏が終わらないことを願っていた子供の頃を。

今は早く秋が来ないかなと、世の子供たちに恨まれそうなことを考えながら、日々を過ごす。
毎日が夏休みみたいな大人ってこんなもの。

ゆずの「夏色」
この曲が好きな理由はきっと、忘れてしまった「何か」がたくさん詰まってるからなんだろう。
それでも、少し痛い心があるのは、忘れてしまった「何か」をまだ忘れたくないからだろう。

*******************************************************
戯れ言です(笑)


カテゴリ-【戯れ言 top↑


+ Comment List +


| ホーム |
プロフィール

Piyo-Bear

Author:Piyo-Bear
うどんの国、讃岐にてワンコ(マルチーズの親子)とインコ1羽そして相方(ダンナとも言う)と暮らしております。
地味ですが、いただいた写真をもとにして、オーダーで犬のぬいぐるみを製作しておりますので、気になった方はお問い合わせくださいね♪
東京のベアイベントと京都のベアイベントに出没してます。

ご連絡はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文: